主婦の方で子供がいる人の中には、外での仕事に復帰することを考えていたり、
プライベートを充実させることを考えていて、資格取得を目ざそうと思っている人もいるでしょう。

しかし、子供がいるとなかなか行動の自由が利かなくて、
資格取得が難しいのではないかと不安になることもあるでしょう。

そこで便利なのが、オンライン講座による資格取得です。

資格取得というのは、在宅で実現させることができるものです。

ですから、家からあまり出ることができないような人であっても資格を取ることができるものです。

なお、在宅で資格取得を目ざす場合には、
自宅で自分のペースで学習していくことができるので、無理なく取り組むことができることでしょう。

具体的な学習スタイルとしては、
課題を提出すると講師がアドバイスを添えて戻してくれるようになっていて、このやりとりを続けていく形になります。

またオンライン講座の特性を生かして、
何か質問などがあった場合には、メールで連絡をすることができることもあります。

ちなみに、資格取得のための状態が整ったら、
いよいよ受験となりますが、在宅受験というのもありますから、非常に便利なものです。

そして、講座を修了すると、大手派遣会社への登録、
履歴書や面接に関するアドバイスなどの就活サポートを行ってくれるところもありますので助かります。

shikaku.jpg

最近、出産や育児を経て社会復帰する既婚の女性が増えています。

その多くは、旦那の給料だけでは生活が苦しいという経済的な事情によりますが、
元いた職場に何事もなかったかのように復帰したり、
あてもなく就職活動したりするのは容易ではありません。

そこで求人も収入も安定しており主婦業とも両立しやすい、
資格取得が必要な仕事を目指す人が増えているのですが、資格を取るにも費用がかかります。

かかる費用には通信講座の受講料や資格試験の受験料などがあり資格によって異なりますが、
時には全部で数万円かかることも少なくなく、
無収入の専業主婦がそれを捻出するのは難しい場合もあるでしょう。

独身時代の貯金を使えるなら手っ取り早いですが、
そうでない場合旦那への相談も必要になってきます。

生活が苦しい家庭なら、妻が資格を取るためのお金を出すことに対する旦那の反対も考えられます。
反対されてもあきらめないでくださいね!→http://xn--t8j0gd2k4fqipb4dc6795efme9n1b8me930dsv4i.net/

旦那の給料から資格取得のための費用を出す場合、
これが一時的な出費であることを旦那によく説明しましょう。

将来の収入と生活のための投資であることを必ず説明して、理解をもらい、
子育てとの両立も可能であることもわかってもらい、
子供のための貯蓄を作りたいのだと言えば、旦那を説得するのも不可能ではないでしょう。


近年の急な高齢化にともなって介護職への需要が多くなっているため、
介護資格の資格取得が注目されています。

なかでも重宝なのが
平成25年4月より「介護職員初任者研修」と名称が変わったホームヘルバ−2級資格です。

ホームヘルパー2級の主な仕事は、
日常生活のなかで介護が必要な高齢者や障害者に食事、排泄、入浴の世話などの身体介護や、
掃除、洗濯、調理などの日々の生活援助などのサポートを行う事です。

資格取得をするためには指定の講習を受け、簡単な確認テストを受ける必要があります。

ホームヘルバ−2級の資格習得をするにあたって気になる費用は、
公的機関で学ぶのか、民間のスクールで学ぶのか、
またどのような学習方法を選ぶかによっても変わってきます。

学習手段としては通信教育、通学、
もしくは通信と通学を組み合わせた複合的な学習方法などがあります。

費用の相場として大手スクールになるほど、授業料が10万円以上と高くなり、
地域型の小さなスクールは6万円台からと費用が安い傾向が有ります。

また東京、大阪などの都市部では「6万円半ば~7万円前半」が最安の価格帯の中心です。

それ以外のエリアでは、もう少し費用がかかる場合もあります。

スクール費用が高ければ、借入することもできますが、
どうしても避けたい電話の有無は確認しておきたいところです。

各スクールでは無料で資料請求ができますので自分に合ったスクールを選んで、
高齢化に向けて重宝される介護資格の取得に結びつけましょう。

shikaku2.jpg

育児中のママにこれからの仕事復帰に備えて
子供の学校中に資格取得の勉強をしている人も少なくありません。

今現在収入はなくても、専業主婦でもお金借りれるカードローンを利用すれば、
無理なく資格取得にかかる費用を捻出することができるからです。

特に主婦に人気な資格に医療系の資格があります。

人気の理由としては全国どこに行っても働き場所があり、
仕事内容も全国共通なので転勤族の人でも安心といった声や
一度資格取得すれば一生ものの資格になり、手に職つけれるといった声もあります。

また、医療系の仕事は勤務時間を選べたりとまさに子供の学校時間だけ働く、
子供が大きくなったらフルタイムにするなど、家庭に合わせた働き方が出来る事が特徴的です。

医療系の資格でも特に一番の人気が医療事務でしょう。

座って出来る仕事で人気の事務ですが、診療報酬といった専門スキルを使うので
一般事務とは違う専門性を発揮できる点や近所のクリニックなどでも働けるので
近くで就職先を探す事が出来るという点でしょう。

医療事務の資格を取っておけば
比較的診療報酬と似た知識で薬剤報酬の知識もすんなり見につきやすく、
調剤薬局事務を取得する人も増えています。

また、同じクリニックでも歯科助手を目指す人もいます。

いずれの場合にも医療関係は将来性においても需要があるので
取得して経験を積んでおくと歳を取ってからの就職も有利でしょう。


数多ある資格の中で、特に稼ぐことが可能であるものとして、
ファイナンシャルプランナーが挙げられます。

この資格は、個人などの金融や保険等のお金の動きについて、
他者に対して助言を行えるほどの知識を有するものです。

3級は初心者レベルですが、2級、1級と取得することで、
幅広くしかも様々な金融系、不動産系の知識も持つに至ります。

すなわちこれらの知識を学ぶことで、他社に適切な助言を行っていくわけです。

そのお礼として報酬、謝礼を受け取ることがこの資格を取得することで稼ぐことに繋がっていきます。

資格取得がすぐにはお金にはならない場合が多いわけですが、
それでもこの資格の存在自体を知らなかったりするケースもあり、
1級のように合格率低いものは高収入に繋がっていきやすいです。

適切な助言を行う事で、その助言を受けた人が
金融に関する困りごとの解決を行える可能性が出てくるわけですから、謝礼も大きくなるのは必然でしょう。

古来より日本人はお金について、無頓着な場合がよくあります。

特に専門的な保険などについては、
自分が加入をしているものがどこまで対応が出来るのか分からないといったケースも少なくありません。

無駄などの指摘を行う事で、相談者にとって家計を見直すことになるわけですので、
助言も大いに意味があるものとなるでしょう。